読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマーウォーズが期間限定並みの「納得」価格♪

おすすめ
この作中に限って言えば、凄く良く描かれてます。今年一番の映画でした!早くまた見たいです。私は好きです。

3月6日 おすすめ!

2017年03月06日 ランキング上位商品↑

サマーウォーズサマーウォーズ [ 神木隆之介 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

もちろん内容は最高です♪笑って、泣いて、アツくなって、ハラハラドキドキしたり、ちょっとニヤニヤして…見終わってこんなに「家族っていいなぁ」と思ったのはサマーウォーズが初めてです。発売になってからブルーレイかDVDか決めようと思ったのですが、ブルーレイの特典がイマイチとの評価が多いので、とりあえずはDVDにしました。 ステッカーは、白地に大きく『OZ』とだけ書かれてたようなのをイメージしてたので、クリアシールな上に種類も結構あり、『KING KAZMA』まであったのにはテンションが上がりました。涙もろい感動屋さんで泣き顔を見られたくない人は一人での鑑賞をすすめます。。ウォーゲームなど同監督の過去作品を知っている方には不満足だったり、家族愛のベタっぷりが嫌いだと薄っぺらい映画に見えるようですけれど、みなさん一度みて判断したらよいかと。と3回も見てしまいました。が、この大家族物(親戚)は、最初抵抗あったけど、中盤からぐしょぐしょに泣きっぱなしなくらいイイ!!(ちなみに、映画見ても本読んでも涙まで流したのってあまり記憶にないです。「ぼくらのウォーゲーム」に似てるといって見ないのはもったいないです。ここや!他のところでレビューなさっている方達がほめすぎているわけではないと痛感しました。絶対に良いからと言う言葉を信じ早めに予約しました。待ってました!とばかりに予約しました。それに加え!同監督の過去のデジモン映画作品「ぼくらのウォーゲーム」(この作品はすでに見ていました)にかなり似ているとの評判を聞き!過去作品の焼き直しか・・と!ますますゆがんだ見方になっていました。誕生日プレゼントです♪ビデオに撮っているのを何十回も観ているを見て、これはプレゼントしないと〜と思った次第です。近所に上映館がなくて映画を見に行けなかったのが残念です。正直!話は「ぼくらのウォーゲーム」と同じ展開なんですが!今回のテーマは「家族」でしたね。イカ師匠も、カッコ良いです。真剣に吟味すると現実になったら恐ろしい限りですが!最後は爽やかに笑って終われます。作品は上映中に観ましたが、その時にDVD化になったら買おうと思いました。 仮想現実世界に入れ込みすぎな題材ですが、こんな風になったらいいな位に観ていれば楽しめます。(デジモンの刷り込みがあるからかも)絵も貞本キャラがイキイキと動いていて、一日に本編。次への原動力にして貰いたいのでブルーレイも買うかも知れないです。栄おばあちゃんなど!魅力ある人物が多く!しっかりとドラマが作られていて!笑いと泣きが混在しています。ネット世界に馴染みがないご年配の方には理解できるかちょっと謎ですけれど!いい映画だと思います。フィルムブックマークもあるし。そいでおばあちゃんの励ましでちょっと頑張ってみようかなって思った。 特典DVDは!絵コンテ版がすごすぎです。内容も映像もすばらしい作品でした。『絶対もう一度みたいっ♪』と思う作品でした。)子供に頼まれて購入しましたが!大人でも十分楽しむことのできる作品です。ちょっと後半の花札対戦が、全くルールがわからない身には理解できず、置いてけぼりをくらったような感じでしたが、ここはノリでとりあえず楽しめると思います。基本的に仲良し家族ってのが嫌いです。みんなの食事シーンがなんともいいんです。同じ監督の作品「時をかける少女」がとても好きだったので、次の作品を期待していたのですが、ネットの世界とか大家族の団結とかが描かれてると、CMで聞いても、面白くなさそうと感じました。悔しい! 自分だったら初回特典の情報が欲しいと思うので並べてみましたが、もちろん本編の素晴らしさはいうまでもありません。親子で楽しみにしています。 冊子は、パンフレット縮小版を期待してたのですが、実物のパンフレットを持ってないので比べられません。オーディオコメンタリー、絵コンテ。紙本持ってますが!同時に流れると完成度の高い絵コンテのすごさを痛感します。コレは見てください、と言います。登場人物がかなりの多さなのに!みんなそれぞれどこかにいそうなほど生き生きしています。今から待ち遠しいです。ちなみにオーディオコメンタリーは聞かない方が良い場合の方が多いですよね。【DVD】が3月発売されるということで予約入れました。)家族だとか!親戚!血のつながりって正直なんか気持ち悪いと思っていますが。ネットの世界というのは!今や身近なものではありますが!それが主な世界観の映画作品となると!個人のアバターなどにあまり興味のない自分には!つまらなく思えたのです。もし行ってたら!遠路遙々一人でも3回は行ったと思います。夏に映画館で見てDVDがでたら絶対に買おうと思っていました。これはこれで!面白いです。これは面白かったです!映像も可愛いですし!見終えると家族っていいなとか…心が温かくなります!!お薦めです★今年の金曜ロードショーで見事にハマり!その後レンタルなどをしてたのですが!本格的に自分のものにしたくて購入しました。アニメ映画で感動したのは久しぶりです。DVDは特典映像と付録が付いている様ですので楽しみにしています。(その後!こいこいってなんだ?と花札に興味を持ち!ゲームソフトでやってみましたが理解できれば面白いです)デジモン作品とどれほどかぶっていたかというと!骨格がほぼ同じではありましたが!それを見ていた自分でも十分見応えを感じました。作品のイメージに雑念を入れたくない方は見なくて良いと思います。ブルーレイは、廉価版などになったときに購入の予定。(プレイヤーがPCしかないのですが。核家族なので気が知れないし、兄弟っていたこと無いので、気持ちがさっぱり分かりませんし、サザエさんとか大嫌いです。2度も映画を見に行くほどこの作品を気に入った娘のお勧めです。そして凹んだ時に見たくなる映画(笑)購入後、凹んだ時にはばあちゃんにはげましてもらう予定です。BD買い足そうかな(笑本編だけで満足というならDVDで十分だと思います。この手のアニメは全部押さえていたんですが!なんか抜けていたので!購入しました。高校生の純粋さと実際に取材を行った上田市を見事に取り入れて、感動的であったと思います。ただ!あこぎな商売っ気をだしたので!ブルーレイ版は非常に高く(DVDの倍ってナニゴトw)そちらにしか花札がついていなかったりするので!★はひとつマイナスです。別にこれは家族に限った事じゃなくても、利害関係なく他人同士協力し合うことの美しさを、ずっと細田さんは描いているのではと思います。昨年!テレビでCMを見た時から!実はがっかりしていました。キャラについては、仮ケンジとカズマがいいですねえ。色使いが何とも「これから面白いことがはじまるぞー。はっとするいい台詞なんかもあります。3,730 円!なんか!こんなにお安く買ってしまって申し訳ない。思いっきり泣いてください。ずいぶん悩みましたが、花札って結局つかわないよね、というところに落ち着いて、DVDでガマンします。2009年夏に話題になった映画です。CMも、本編にはないセリフが嬉しかったり、本編を見たからこその感動があって面白いです。細田作品は基本的に好きです。最初から最後までひきつけられる内容・展開。届いたら!ぼくらのウォーゲーム(もう!20回ぐらい見てるかも)みたいに!何度も繰り返して観て!何度も泣くと思います。アクションシーンはスピード感・迫力のあるもので見ごたえがあるし。本当に2時間があっという間でした。家族と一緒に見ました。)こんなに感動とわくわくとドキドキを与えて貰った恩返しがしたいです。舞台あいさつも一緒に見てる気持ちで楽しみました。 ネット社会が進むと凄いことになる!危険な問題だと思うか!ネットに単純接続している重要施設なんかネーヨと思うか!で評価は分かれますが!アニメとして面白いです。」って感じで心躍ります。(合わせてコミック版を読むと映画では描かれていなかったキャラの心情などの空白部分が、気持ちよく埋まってさらにいい感じですよ。一方で切ない部分や家族や人とのつながりについて考えさせられるものがある映画です。映画見てサントラ聞きながら小説を読んで…まだか〜まだか〜とずっと待ってました!ブルーレイと迷ったけど特典も花札が付くか付かない程度かと思って安いほうのDVDに…公式ブログに特典内容が詳しく載ってたけど!ブルーレイの方がメイキングとか楽曲解説があっていいです。もしも最初の自分のようにこの作品の事を考えている方がおられたら小難しいことを考えず!軽い気分でとりあえず見てみて・・と言いたいです。そんな自分がこのDVDを買うまでに至ったのは、この作品のコミックを試し読みできる機会があり、思っていたより入り込みやすい内容だと確信し、「ぼくらのウォーゲーム」とどれだけ似てるのか見てみようという気になったからです。公開時に子供と見に行きました。デジモンおジャ魔女時かけ好きにはたまらない!細田監督の新作です。買うまでにうだうだやっていましたが!結果的に本当に良い買い物をしました。